新着情報

◆2017/02/14
肌トラブルの原因は間違ったむだ毛処理にあった?の情報を更新しました。
◆2017/02/14
サイトマップを新規投稿しました。
◆2014/06/16
かさかさ肌の原因は様々を新規投稿しました。
◆2014/06/15
レーザー脱毛で悩みも肌トラブルも改善しましょうを新規投稿しました。
◆2014/06/14
継続すればする程危険なむだ毛の自己処理を新規投稿しました。

肌トラブルの原因は間違ったむだ毛処理にあった?

trsh
女性なら誰もが、むだ毛について悩んだ事があるかと思います。
腕や足、脇や背中など、無駄を気にしだしたらキリがありません。
むだ毛をなんとかしようとして、色々と思考錯誤されてみえる事と思いますが、肌も大切に、むだ毛を処理しようと考えるのであれば、やはりレーザー 脱毛が良いでしょう。

ムダ毛を処理する方法

gregaなかなか自覚しにくいのですが、毎日のむだ毛の自己処理で、肌は実はどんどんダメージを蓄積しています。
むだ毛のケアというと、色々な方法がありますね。
もっとも多いのがカミソリでのケアだと思いますが、カミソリでのケアは毛と共に肌の表面も削ってしまいます。
また、お風呂で体を洗うついでに、石けんの泡でむだ毛を処理している方も、要注意です。
石けんにより必要な油分も落としてしまっている状態で剃る事になってしまい、かさかさの状態を招いてしまいます。
また、カミソリ自体の保管方法にも気を使わなければ、雑菌が繁殖し、余分に肌にダメージを与えてしまう事になります。
最も肌を傷付けると言われているのは、毛抜きで抜いてしまう行為です。
毛を根こそぎ抜いてしまうという行為は、確かに細胞ごと皮膚を引きちぎる形になりますので、単純に考えてもあまり肌に良くはなさそうですね。
元々、毛は毛穴からの細菌の侵入を防ぐ役割をしています。それが引き抜かれ、毛穴が傷だらけになってしまっている状態だと、簡単に細菌に負けて炎症を起こしてしまいます。
赤くなってしまったり、ぽつぽつになってしまっている人は、これが原因だと考えられます。
hryjまた、このくらいであればまだ人間の体は修復してくれそうですが、毛抜きで毛を抜く事を繰り返していくうちに埋没毛を引き起こしてしまう可能性があります。
これは、毛を抜こうとして途中で毛が切れてしまい、毛穴の中に毛が残ってしまった状態です。
こうなると、なかなか手入れが難しいです。
毛穴が塞がっているので、抜く事もできない為、皮膚の下に残り、見た目にも黒く残ってしまいます。
このように、自己処理によるむだ毛のケアは長年続ければ続ける程にリスクが高まります。
そういった事を考えると、やはり早いうちにレーザー脱毛で永久的に脱毛をした方が、肌にもいいと考えられます。
同時に、毎日のお手入れの煩わしさや、ケア用品への出費の心配も減りますので、いい事が多いですね。
お近くにサロンや医療機関がある方は、是非一度訪れて、レーザー脱毛に関して詳しく聞いてみるといいでしょう。